米子彫刻ロードを行く(5)

 

加茂川の最終彫刻。近田裕喜氏の「光」彫刻マップNo.36を過ぎてしばらく歩くと国道9号線深浦橋の下へ出ます。
この辺り、ビッグシップから加茂川遊歩道(彫刻ロード)を抜けて湊山公園へ続くこの遊歩道は、散歩コースとしてもジョギングなどの練習コースとしても最適です。
彫刻ロード矢印そういえば途中にこんな矢印(看板)もありました。

深浦橋を抜けると右手の高台が米子城跡になりますが、橋を過ぎた右に元スケートリンクで現在ボクシングジムになっている建物シュガーナックルボクシングジムがあります。このボクシングジムは2009年10月公開予定の直木賞作家、浅田次郎原作「銀色の雨」を撮影した場所です。
章次役の中村獅童がボクシングの練習をした場所です。

「銀色の雨」は2008年後半から米子や淀江を中心に撮影されています。大きく評判になる映画ではないでしょうが、じわじわと人気が長く続く映画になると思われます。公開していたら是非見てください。懐かしい昔の下町の風景やら人情やらに巡りあえて一度来て見たいと思えるかも知れません。


そして、深浦橋を過ぎると中海が目前にパッと広がってきます。
中海この写真は湊山公園側からの写真ですが、中海沿いに遊歩道が続き、夏は木々で覆われた遊歩道を中海の風と共に涼しく歩けます。

そして、この中海沿いの遊歩道にあとふたつ、彫刻シンポジューム作品が並んでいます。
ひとつは2000年第7回米子彫刻シンポジュームでの林 宏氏作品「ゆめについて」彫刻マップNo.27


もうひとつは同じく2000年第7回の西川淑雄氏作品「YuNAGI」彫刻マップNo.28
両作品とも中海を望む山すその涼しい場所にベンチと共に設置されています。夕暮れの中海を彫刻ロードを作品に親しみながら散歩(デート)するのは最高だと思いますが、どうでしょう。










categories

Sponsor link

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM