米子彫刻ロード

 

米子彫刻ロードの主人公である彫刻たちは、米子彫刻シンポジュームで制作されたものです。

米子彫刻シンポジュームの野外彫刻は1988年から2006年にかけて

2年ごとに4名の彫刻家が米子に集い、合計40体の彫刻が製作された。


それと共に、米子ライオンズクラブや米子ロータリークラブなどの

手によって設置され、公表されている彫刻が18体。

合計58体の野外彫刻が米子市内のあちこちで鑑賞することが可能です。



実際にこの野外彫刻を見て廻ると、「米子彫刻ロード」と呼べるのは

JR米子駅を降りてから米子市文化ホール方向へ歩き、ビッグシップから

加茂川沿いを歩き、湊山公園で終わるコースです。

その「米子彫刻ロード」は、米子彫刻シンポジュームで作成された

彫刻33体とそのほかの彫刻5体で形成されています。



「米子彫刻ロード」を散策する場合は、米子野外彫刻MAPパンフレットをJR米子駅周辺や米子市観光センターあたりで手に入れてから、米子野外彫刻MAPを参考にしながら歩く必要があります。


米子野外彫刻MAP
最新の米子野外彫刻マップ


この野外彫刻マップには各年米子彫刻シンポジューム別の彫刻写真と作家、場所などと地図及びシンポジューム以外の彫刻18体の場所も記載されている。



なお、「米子彫刻ロード」は、

美しい日本の歩きたくなるみち500選(国土交通省後援)

に県内の他の9箇所と共に指定されている。



米子彫刻シンポジュームの米子市のメインサイトはこちらです。




categories

Sponsor link

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM