米子彫刻ロードを行く(3)

 

米子彫刻ロードを行く(2)ではちょっと話が外れてしまいました。


米子駅前サティ側の歩道に置かれている米子彫刻ロードの彫刻は6体あります。


米子駅から米子市文化ホール前を通り、横断歩道を渡り、左に折れてまず行き当たる彫刻は、鈴木武右衛門氏(旧 鈴木徹)の「心の旅・星空」彫刻マップNo:5です。


続いて、森 亮太氏の「こすもす」彫刻マップNo:6、井田勝己氏の「化石の街 No.3」彫刻マップNo:7、須藤博志氏の「夏・風の詩(うた)」彫刻マップNo:8が並びます。いずれも米子駅前サティ前の歩道に置かれています。


No.5〜8までは、いずれも1990年第2回米子彫刻シンポジュームでの作品です。


そして、さらに横断歩道を渡り、サティと文化ホール、ビッグシップの駐車場前にオダ・ショエラー氏の「米子の門」彫刻マップNo:15と 前川義春氏の「相」彫刻マップNo:16が並んでいます。
このNo.15〜16は1994年第4回米子彫刻シンポジューム作品となります。


以上、JR米子駅前から始まり現在までに17体の彫刻をご紹介しました。
是非参考にしていただき、歩いてみてください。



この続きは、彫刻マップNo:16の前川義春氏「相」からまっすぐ行き、加茂川へ出たところから始まります。
ちょっと休憩するのにトイレもすぐ近くにありますよ。



JUGEMテーマ:彫刻がいた!



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

Sponsor link

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM