彫刻:明地信之「Hippopotamus(カバ)」

 


彫刻:明地信之(あけちのぶゆき)作
Hipopotamus(カバ)

彫刻:明地信之作「Hipopotamus(カバ)

彫刻:明地信之作「Hipopotamus(カバ)」銘盤


  • 2006年第10回米子彫刻シンポジューム作品

  • 彫刻家名:明地信之(あけちのぶゆき)

  • 彫刻の題:Hipopotamus(カバ)

  • 彫刻の設置場所:米子彫刻ロード−JR米子駅前

  • 素材の岩の種類:玄武岩(島根県産の八雲長黒石(やくもながぐろいし)作者曰く、この石は大昔の火山の活動で出来ためずらしい玄武岩です。土の中にじゃがいものように埋まっていて、表面は土で覆われています。石の肌を残しながら、駅前でみんなの帰りを待つ『カバ』を作ります。米子の新しい待ち合わせの場所になればと思います。)

  • 彫刻サイズ:80×230×80

  • 彫刻マップNo:39

  • 米子彫刻シンポジューム製作風景へのリンク

  • 十日町石彫りシンポジュームの明地信之氏



彫刻家:明地信之氏の経歴

・1963 東京都生まれ
・1987 東京造形大学彫刻科卒業
・1988 '88野外彫刻展(黒部市・宮野山公園)盛岡彫刻シンポジウム企画展(盛岡市・ギャラリー彩園子)第44回ハマ展 協会賞(横浜市民ギャラリー)
・1989 第3回現代日本具象彫刻展(千葉県立美術館)第3回東京野外現代彫刻展 大賞(世田谷・砧公園)
・1992 '92大蔵山ワークキャンプ(宮城県大蔵山採石場)第4回東京野外現代彫刻展(市民賞)(世田谷・砧公園)
・1993 府中市企画美術展 彫刻のある風景展(府中市郷土の森)国営昭和記念公園開園10周年
・多摩東京移管100周年記念行事 国際彫刻シンポジウム(国営昭和記念公園)('94 '95 '96 '97 '98)見慣れた空間からの発見 白石・野外彫刻展(宮城県白石市)
・1994 ('96 '97 '98 '99)府中市在住美術家展(府中グリーンプラザ)野外彫刻展(国営昭和記念公園)
・1996 ('97 '98)府中市民文化祭 彫刻展(府中グリーンプラザ)'98 CONTEMPORARY ART FESTIVAL(埼玉県立近代美術館)
・1998 ハウスクエア横浜WithArt98−楽しめるアート・ユーモアとエスプリ−(ハウスクエア横浜)パブリック・コレクション
・1990 EDEN 横浜ビジネスパーク(横浜市)
・1993 Hippopotamus 白石川緑地公園(宮城県白石市)
・1994 Polar bear ニューシティ東戸塚 東の街(横浜市)
・1994 Dolphin 国営昭和記念公園(東京都立川市)
・1995 Muse とうや湖ぐるっと彫刻公園(北海道虻田町)






categories

Sponsor link

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM