彫刻:前川義春「相」

 


彫刻:前川義春(まえかわよしはる)作
『相』
)
彫刻:前川義春「相」

彫刻:前川義春「相」銘版



  • 1994年第4回米子彫刻シンポジューム作品

  • 彫刻家名:前川義春(まえかわよしはる)

  • 彫刻の題:相

  • 彫刻の設置場所:米子彫刻ロード−ビッグシップ駐車場前

  • 彫刻素材・岩の種類:花崗岩

  • 彫刻のサイズ:196×290×130

  • 彫刻マップNo:16

  • interdependence. 前川義春

  • 広島市立大学 彫刻専攻 Maekawa



彫刻家:前川義春氏の経歴
・1955 福井県生まれ
・1985 国立ミュンヘン造形芸術大学入学
・1986 クラスタル国際石彫シンポジウム(フィラハ市、オーストリア)
・1987 フィラニー国際石彫シンポジウム(シクロス市、ハンガリー)
・1989ブルキナ、ファソ国際石彫シンポジウム(ブルキナ・ファソ、西アフリカ)、ブドゥソー国際石彫シンポジウム(サルヂニア島、イタリア)、オロンスコ国際石彫シンポジウム(オロンスコ市、ボーランド)
・1990 ビズネ、ルツバヒ国際石彫シンポジウム(ビズネ・ルツバヒ市、チェコスロバキア)、アドネット国際石彫シンポジウム(アドネット市、オーストリア)
・1991 ラピデア‘91石彫シンポジウム(マイエン市、ドイツ)、フィングラニット石彫シンポジウム(マンバラ市、フィンランド)シュバインスタール予備シンポジウム(カイザースラウテン市、ドイツ)
・1992 佐久大理石彫刻家シンポジウム(長野県北佐久郡御代田町)
・1993 第9回八王子彫刻シンポジウム(東京都八王子市)
・1993 村岡アートフォーラム(兵庫県美方郡村岡町)
・1994 第4回米子彫刻シンボジウム(鳥取県米子市)
・1995 東条アートドキュメント’95 /アートディレクター兼務(兵庫県加東郡東条町)
 現在、広島市在住。広島市立大学芸術学部助教授



JUGEMテーマ:彫刻がいた!



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

Sponsor link

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM