彫刻:小林亮介「光の沈殿」

 


彫刻:小林亮介(こばやしりょうすけ)作
『光の沈殿』
)
彫刻:小林亮介作「光の沈殿」

彫刻:小林亮介作「光の沈殿」銘版



  • 1992年第3回米子彫刻シンポジューム作品

  • 彫刻家名:小林亮介(こばやしりょうすけ)

  • 彫刻の題:光の沈殿

  • 彫刻の設置場所:米子彫刻ロード−米子市文化ホール横

  • 彫刻素材・岩の種類:花崗岩

  • 彫刻のサイズ:285×55×55

  • 彫刻マップNo:11



彫刻家:小林亮介氏の経歴
・1946 長野県生まれ
・1967・1968 霧ヶ峰シンポジューム(諏訪市 霧ヶ峰)
・1971 第56回二科展特選 以後毎回出展
・1976 第1回八王子彫刻シンポジューム
・1989 第2回現代彫刻美術館野外彫刻ビュンナーレシンポジューム(長野県 上田市)
・1991 第3回佐久大理石彫刻シンポジューム(長野県 小海町)
・1992 第3回米子彫刻シンポジューム
・1995 第7回創造の森富士見国際彫刻シンポジューム(長野県 富士見町)
・1997 トルコ共和国アブシャ国際彫刻シンポジューム
・2000・2002 タラナキ国際彫刻シンポジューム(ニュージーランド)
 現東京芸術大学教授


JUGEMテーマ:彫刻がいた!





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

Sponsor link

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM