彫刻:辻 晋堂「下田光造銅像」

 


彫刻:辻 晋堂(つじしんどう)作
『下田光造銅像』

彫刻:辻 晋堂「下田光造銅像」

彫刻:辻 晋堂「下田光造銅像」アップ



  • 米子彫刻シンポジューム以外の作品

  • 彫刻家名:辻 晋堂(つじしんどう)又は辻 晉堂。別名:辻為吉 本名:辻汎吉

  • 彫刻の題:下田光造銅像
     下田光造氏に関しては、米子彫刻ロードを行く(8)に記載。

  • 彫刻の設置場所:鳥取大学医学部校舎玄関

  • 別彫刻マップNo:10

  • 他に別彫刻マップNO.1「生田春月文学碑・相寄る魂」、別彫刻マップNO.2「有本松太郎像」、別彫刻マップNO.8「無題」



彫刻家:辻 晉堂の経歴

・1910年鳥取県伯耆町生まれ
・1931年上京し、32年から33年にかけて独立美術研究所に学ぶ。
・1933年日本美術院展初入選の後、同展に彫刻を出品。
・1935年美術院研究所に入り、同年の美術院展で受賞、翌年院友に推挙される。
・1938年得度し、翌年辻晉堂の名で出品した作品が日本美術院賞を受賞。
・1941年42年連続して院賞を受賞し同人となる。
・1949年京都に移り、京都市立美術専門学校、同美術大学、同芸術大学教授を歴任し、堀内正和とともに多くの後進を指導した。
・1955年から人体の大担な変形を試み、翌年〈寒山拾得〉などの陶彫を発表する。この頃から次第に陶彫への関心を強める一方、抽象的な表現に傾斜し日本の抽象彫刻に独自の地位を占めた。
・1957年サンパウロ・ビエンナーレ展、
・1961年ピッツバーグのカーネギー国際美術展など各国の展覧会に出品する他、
・1971年京都国立近代美術館の「近代日本の彫刻」展など我が国の近現代彫刻史をたどる展覧会に出品している。
・1981年没





JUGEMテーマ:彫刻



彫刻:清水洋一「咲い(わらい)地蔵」

 


彫刻:清水洋一(しみずよういち)作
『咲い(わらい)地蔵』

清水洋一「咲い(わらい)地蔵」




彫刻家:清水洋一氏の経歴
1950年 島根県安来市生まれ
1972年 渡欧。13カ国100日間の旅をする。
1974年 イタリア、カラーラ国立彫刻学校卒業
1989年 イタリア再留学
現在  島根彫塑会監事



JUGEMテーマ:彫刻がいた!




| 1/5PAGES | >>

categories

Sponsor link

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM